しばらく調整が続くかもしれません

数日前に発表されたNY連銀指数が思った以上に悪く、昨日それで下がった分は回復するのかと思って見ていましたが、残念ながらそう言うわけにはいかず、戻り相場で下がっています

このまま数日リバウンドして直近の高値を抜けてこないとなれば、もしかするとポンドも少し調整の局面に入るのかもしれません

日本でも会社四季報では業績がまだ回復できていないのに株価が上がるなどの現象が続き、少し加熱気味になっているように思いますので、少し下がったからと言って押し目買いを狙うのは危険

一旦一息入れてブレイクしてから反発のタイミングを伺うということが良い作戦だと思います

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック